FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援クリックお願いします→ にほんブログ村 PC家電ブログへ

教えていただいたこと、気づいたこと

前回までのあらすじ

いったん途中まで作った自作ステディカムはそれなりな感じの動画を撮れるには撮れた。しかし根拠のない適当なアームの曲げ方が自分で腑に落ちず、また弓型に下へぐるりと廻したアームの先に配置した錘が走ったときの衝撃で暴れることがわかった。そこでいろいろ考えた結果、カメラの真下に垂直に持ち手が伸びる形状のステディカムの構造を単純化すると逆L字型になるのではないかという仮説にたどり着き、作成途中の自作ステディカムの形状を変更することにした。

それで形状を変更していろいろやってみたら、一度はそこそこまで取れていたバランスを失ってしまった。上部後ろ側(体に近いほう)の錘調整用のM6 100mmのボルトを285mmの全ネジにとりかえてテコを効かせてはみたものの、バランスは取れてるんだか取れてないんだかわからないし、錘を中心軸から遠ざけた副作用からステディカムの操作が出来なくなってしまうしでガッカリ。今日はお休みにしようかと思ってた。

そしたらMiD LIGHTさんからピンバイスを使ったらどうかというアドバイスのコメントを頂いた。ありがたい。早速ダイソーで1.5mmのピンバイスを買ってきた。確かにこれを使えばかなり正確な下穴を開けられそうだ。

それだけでなく今度はトラックバックを発見。辿っていってみると、なんと思い通りの位置への穴のあけ方・まっすぐに切る方法についてわざわざ写真を添えた記事を作成してくださっていた。俺号泣。何とありがたいことか。

このブログを開設して以来、一番しょーもないぼやき記事にもかかわらず二人の方から救いの手が差し伸べられるとは一体どうしたものか…と思いつつトラックバックを頂いた記事を見てたら見覚えのある自作ステディカムがあった。あれれ?ステディカムというものを自作できるらしいと知った去年の12月末頃にいろんな自作派ブログをチェックしていた中で、フリーベアリングってのが良さそうだと思っていたけどこんな高等技術が必要だなんて俺には絶対に無理だ!と尻尾を巻いて退却した凄いブログの人だ…。というかYouTubeのTim1173JBさんのフリーベア使用ジンバルを作ったTeethOfTheEarthさんじゃないっすか!!!11!1

親切なアドバイスそして突然の大御所登場に大いにビビったので、サボるのはやめて昨日の作業の続きをやることにした。



んで今日は逆L字型の両端部すなわち上・後ろ(=体)側と下・前側の錘の効果を増すため、それぞれに285mmの全ネジを取り付けてみた。おかげで約55センチ×約60センチの巨大なボディになった。んでサイズ違いの錘をつけたり外したり、位置をジンバルに近づけたり離したりしてセッティングを試した。

思ったこと
  • (昨日の続きで)中心軸から離れた錘が効いてしまい、ステディカムの持ち手を振っても本体が角度を変えてくれない。ステディカムが錘を中心にその場(空間)にしがみついているような印象
  • 上記の件、後錘に拮抗するよう前側にも同じ強さの錘を配置したら動いてくれるだろうか。その場合、本来押さえたいはずの回転運動のノイズや風に対する抵抗力は失われないだろうか?
  • 逆L字型は形状はシンプルだが、上・後ろ側を下向きに押さえつけるため錘の重量がかなり必要。現在のテスト作品のようにやらた離すか、重い鉛を使うか…。
  • 上記の件、使いやすいサイズから逆算して考えると上下に錘を配置できる弓型やコの字型は必然の形なのかも
  • ボルト・全ネジ・ナット錘の組み合わせで形状や設定を自由に変えられる仕組みにして良かった。いきなり本番を作ってたら、原因がわからないまま材料を無駄にして行き詰っていたと思う。と、上手くいかない苛立ちを前向きな言い訳で誤魔化す。
  • e-35.gif

    UJについて
    • ユニバーサルジョイントの遊びは0.3mm未満、多分0.2mmチョイだと思う。それでもバランスを調整してからUJを動かすと、僅かながらカチッというずれる感触とともにバランスが崩れる。
    • あとUJの不等速という性質からだろうか、持ち手を斜めにした状態で「く」の字に曲がったUJを突付いて回転させると「こねる」あるいは「漕ぐ」動きが起きる。そしてその時にUJの高さが変わり、それがステディカム本体に揺れを起こす。
    • となると、俺のジンバルは上下にボールベアリングをつけており抵抗は少ないはずだがゼロではないので、等速UJやフリーベアリングの存在がいよいよ気になってくる…。

    あー、もう。なかなか完成しないな。今週末にはちゃんと調整したうえでの撮影をしたかったのに!
    応援クリックお願いします→ にほんブログ村 PC家電ブログへ

    テーマ : Do It Yourself
    ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

コメントありがとうございました。
ポッチャリノッポさんの試行錯誤、大変楽しみにしています。(^^)
私も良いアイデアが浮かんだら記事にしますね。

Re: No title

さっそくMiD LIGHTさんのブログをRSSリーダーで購読設定しました。

それにしてもフリーベアリングへの六角ナットのロウ付けは目から鱗でした。
フリーベアの使用とロウ付けという手法は意識していたのですが、ボルトやネジ軸を付けることしか思いつかず玉に対し垂直に溶接するのは無理だろうと諦めていました。
六角ナットを使えば、単に玉の上に載せるだけで垂直なネジ穴を作れますね。
コロンブスの卵をやられた気分ですw
プロフィール

ポッチャリノッポ

Author:ポッチャリノッポ
ホムセン・ステディカムを作ったあかつきには散歩動画を撮る旅に出たい。

知識なし、技術なし、工具なし、金もなし。だからダイソーとホームセンターで買った格安工具でなんとかします。

このブログについて…気が向いたら相互リンクしてくれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク

MiD LIGHT House
塩ビ管とロウ付けフリーベアのジンバルによる自作ステディカムの製作者、MiD LIGHTさんのブログ→構造解説のページ

2ch ステディカム スレ用画像掲示板
集え、自作派!

RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 リンク集
ページビューランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。