FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援クリックお願いします→ にほんブログ村 PC家電ブログへ

自作ステディカムの形状について

これまでに買い集めた金具類、昼に買ってきた金具類を組み合わせ、ジンバルをくっつけ、コンデジを載せてみた。そしたら思っていたよりもだいぶ重くて焦っている。組み合わせたパーツ類はまだ半完成品で、肝心の弓形アームと下側の錘が用意できていない。にもかかわらず結構な、ズッシリとくる重量感がある。このまま完成させても重くて持ち歩くのが大変そうな気がしてきた…。

出来ればこれ以上重くしたくない。限られた重量を出来るだけ生かすには、錘を支点から遠くに配置してテコを効かせよう。逆にテコの効かない錘は無駄に重くなるだけなので排除しよう。

これでステディカムの形状が絞られた。弓形の張り出しは持ち手を握ったこぶしに接触しない程度の小ささに抑える。そして弓形張り出し部に【回転(首回し)制御】の役割は持たせず錘をつけない。代わりに支点より上に錘をつけたヤジロベエを配置すれば、遠心力を利用した【回転制御】と重力を利用した【前後(頷き)左右(首傾け)の揺れ制御】の両方を同時に出来る。

そう考えると弓形アームの下側の錘もアーム上に配置するのは片手落ちで損な気がしてきた。下側にもヤジロベエの腕を取り付けるか。


あと弓形アームの素材は錘の重さに耐えられてしならない強度を持つものが良いと思って幅20mm厚さ5mmのアルミ角棒を既に買い揃えている。長さ300mmのを1本で320円、長さ1000mmのを1本で880円もした。すごく高かった…。

で、昨日考えたように、上部カメラと下部の錘の中間のどこに支点を置くかによって下部の適正重量が変わる。俺が作るのは弓形でジンバルの支点の位置は上部カメラ側:下部錘側が1:5~7位になると思う。漠然とそんな気がする。そして上に乗っかるコンデジ200gと金具や錘類を足したとして、支点より上の重さは700gとか800gとかのレベルになるだろう。だとすると上下テコ比を掛けた下部錘は160g程度で十分だ。

となると160gを支えるために幅20mm厚さ5mmのアルミ角棒はオーバースペックではないか。無駄に全体の重量を増やしてるだけなんじゃないか。そんな気がしてきた。高かったのに!
応援クリックお願いします→ にほんブログ村 PC家電ブログへ

コメント

Secret

プロフィール

ポッチャリノッポ

Author:ポッチャリノッポ
ホムセン・ステディカムを作ったあかつきには散歩動画を撮る旅に出たい。

知識なし、技術なし、工具なし、金もなし。だからダイソーとホームセンターで買った格安工具でなんとかします。

このブログについて…気が向いたら相互リンクしてくれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク

MiD LIGHT House
塩ビ管とロウ付けフリーベアのジンバルによる自作ステディカムの製作者、MiD LIGHTさんのブログ→構造解説のページ

2ch ステディカム スレ用画像掲示板
集え、自作派!

RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 リンク集
ページビューランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。